注目キーワード
  1. 市場調査
  2. 資料作成

市場調査の依頼方法:マーケティングリサーチを成功させるコツ

この記事では、多忙なビジネスパーソンや経営者向けに、市場調査(資料作成を含む)を外部の市場調査会社に依頼する方法を基礎から詳しく解説します。

市場調査とは

市場調査とは、企業が新しい商品やサービスの販売を行ったり、新しい事業を展開したりする時に、市場(マーケット)に関する様々な情報を収集して分析することです。通常、事業展開をするにあたって、市場調査を通じて市場を理解し、より良い経営判断を行うために行われます。

より平たく言い換えれば、市場調査は企業がより効率的に事業を行うと同時に事業を成功させるための情報収集と言うこともできます。市場調査の具体的な中身としては、市場規模、業界動向・トレンド、顧客ニーズ、ターゲットユーザーの動向、競合他社、将来展望や見通し等の項目が含まれます。

市場調査とマーケットリサーチの違い

一方で、「市場調査」はマーケティング領域の観点から「マーケットリサーチ」と呼ばれることもありますが、マーケティング領域における「市場調査」では、市場全体よりも顧客やユーザーに焦点を当て、顧客の消費行動や購買活動やニーズ、嗜好、自社の商品やサービスの認知度を調べることが重視されます。

マーケットリサーチでは、主にマーケティング活動を有効に行うことを目的として行われることが殆どです。

この記事では、マーケティング領域のみならず、多くのビジネスパーソンや経営者にとって必要と考えられる業界や市場の全体を考察することを目的とした「市場調査」について詳しく解説します。

市場調査は外部に依頼することができます。

市場調査会社とは

市場調査会社は大きく2つの種類に分けることができます。私の過去の経験から独自に分類すると、「経営コンサルタント系」と「マーケティング系」の2つに分けることができます。

多くのビジネスパーソンや経営者にとって必要とされているのは、前者の「経営コンサルタント系」と考えられます。それぞれの市場調査会社について解説いきたいと思います。

経営コンサルタント系

一般的に、経営コンサルタントは企業の課題解決を目的とし、事業戦略策定や新規事業立案、会社としてのアクションプランを提言するといったコンサルティングサービスを提供する会社です。

マーケティング部門の担当者でない限り、何らかの事業展開に関わるビジネスパーソンにとっては、この経営コンサルタントの視点が重要になります。

「経営コンサルタント系の調査会社」では、業界の成長性(市場規模)や競合他社の動向、市場の将来予測、業界トレンドの見通し、法規定の改定、顧客ニーズの最新トレンドといった抜け漏れなく、かつダブリもない複合的な視野が必要になります。

マーケティング系

一方で、「マーケティング系の調査会社」では、マーケティングを目的に市場調査を行う会社として、顧客に対して聞き取り調査などを実施して、商品開発やプロモーションなどに活用されます。

主には自社の商品やサービスを良くするための市場調査を行い、販売促進や広告といったプロモーションが重視されます。

フリーランス・個人事業主の存在感が拡大

最近では、フリーランスの経営コンサルタントや市場調査や資料作成サービスを提供する個人事業主に直接依頼することも主流になりつつあります。

インターネットサービスの発展により、ココナラ、ランサーズ、クラウドワークスといったクラウドソーシングサイトで企業に発注するよりも低価格で市場調査を優秀な個人に依頼することが最大のメリットです。

市場調査の品質は結局のところ、その業務を担当する「人」のスキルに依存します。例え、ブランド力がある会社に依頼しても、担当のリサーチャーやアナリストのレベルが低ければ、良い市場調査にはなりません。

優秀で分析能力があり、自社のことを理解してくれる個人のコンサルタントを開拓することは、長期的にみれば、時間削減、コスト削減の観点からも大きなメリットがあります。

クラウドソーシングの仕組み 出所:Dropbox Business

市場調査ができること

市場調査会社が提供するサービスは主にデータ収集・情報収集、分析・考察、資料作成の3つに分類することができます。

  • データ収集・情報収集とは、材料となる情報を集める業務を指します。インターネット上で取得できる統計や報道記事、業界団体や民間企業の公開情報、レポートから情報やデータを集めます。
  • 分析・考察とは、集めた情報を整理し、市場環境や将来見通しを分析することです。スキルが低いコンサルタントはこの「分析・考察」ができないことが多いため注意が必要です。既存の情報やデータをつなぎ合わせ、市場環境に対する示唆を提示し、将来の動向をロジカルに分析することこそが、市場調査で一番重要な業務です。
  • 資料作成では、収集・分析した情報をまとめたレポートを作成することを指します。ファイル形式に応じて、ワード形式、エクセル形式、パワーポイント形式の3つの種類があります。

自社向けに情報収集をする場合はワード形式やエクセル形式で十分の場合もあるでしょうし、他人向けにプレゼンテーションを行う場合や見やすいレポートを希望する場合は、パワーポイント形式が推奨されます。

市場調査会社に調査を依頼するメリット

市場調査は自社の事業展開を成功させることが第一の目的であり、市場調査を行うこと自体が目的であることは少ないでしょう。

市場調査は外部のプロに委託することで、時間やコストを削減すると同時に、確実に分かりやすい市場調査レポートを成果物として得られるというメリットがあります。主なメリットを見ていきましょう。

時間やコストを削減することができる。

市場調査をするためには多くの時間を要します。インターネットが発展し、大量の情報がインターネットに存在する現代では、信頼の置ける情報を探索し、資料にまとめることは多くの時間を要してしまいます。

市場調査のプロに依頼することで、時間を節約することができます。また、時間削減はつまり、人件費の削減にもつながり、結果的にコスト削減にも繋がります。

また、忙しいビジネスパーソンは市場調査を外部に依頼することで、より自分の本業に集中することができます。

確実に市場調査が実施できる。

市場調査は誰にでもできる業務ではありません。情報収集スキル、分析スキル、レポート作成スキル等、たくさんの複合的なスキルを要します。

市場調査を始めてみたものの、なかなか自分が求める情報が見当たらず、何度検索をかけてもお目当ての情報が見つからないという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

こうした悩みも市場調査をプロとして行う外部に依頼することで問題を解決することができます。

分かりやすい資料作成ができる。

分かりやすい市場調査レポートを取得できることも大きなメリットの1つと考えられます。情報が整理されていない見にくい資料だと、良い市場調査の結果とは言えません。また、上司や投資家、顧客に対して市場調査の結果を報告する際に、分かりやすい資料でなければ、相手に自分の言いたいことを伝えることもできません。

市場調査を専門とするプロは、スキルセットとして資料作成スキルを身につけています。外部に依頼することで、資料作成の手間も省くことができます。

市場調査を外部に依頼することでコスト削減をより本業に集中できるようになります。

市場調査会社の選び方

良い市場調査会社を見極めるためにはいくつかのコツがあります。これは市場調査会社のみならず、個人やフリーのコンサルタントに市場調査を依頼する場合も同様です。

業務内容に分析や考察は含まれるか

市場調査は単なる情報収集ではありません。収集した情報を整理し、分析することが市場調査の本質です。調査したデータを元に、自社にとって最適な事業戦略や策定し、実際のアクションにつなげることが最終的な目的です。

依頼を検討する市場調査会社や個人が、情報収集にとどまらず、発注者に対して事業展開の方向性や商品・サービス開発に関する提言や助言ができるスキルがあるか発注前に見極めましょう。

成果物とコスト(費用)のバランスがとれているか

成果物の内容をコストのバランスがとれているかも事前にチェックしましょう。市場調査は調査の内容や量、深さによって金額が異なります。例えば、自動車業界の市場調査レポート作成において、5ページ程度の報告書と50ページ程度の報告書では、同じテーマでも内容の深さや量は全く異なります。

市場調査のコストの内訳は人件費が殆どです。そのため、作業量に応じて見積もり価格が変動することが多いです。発注しようとしている業務内容とスコープがコストに見合っているか確認しましょう。

市場調査の種類

市場調査の手法には主に3つに分類することができます。手法によって取得できる情報の深さやコストが変わってきます。

市場調査は主に3つの手法に分類できる。

デスクトップ調査・デスクリサーチ

デスクトップ調査とは主に文献やインターネットを通じて、公開された情報を中心に整理・分析を行う調査を指します。

誰でも検索すれば出てくるような情報ではなく、よりクライアントの方針に沿った質の高い情報をどれだけ集めることができるかがポイントになります。

アメリカの中央情報局(CIA)も収集する情報の95%は公開情報ということもあり、インターネット社会の現代では情報不足の問題よりも、玉石混交の膨大な情報の中から情報を峻別し、クライアントに意味のある示唆を提示できるかが重要になります。

ヒアリング調査

ヒアリング調査とは、業界に精通した人物や専門家に直接インタビューをして情報を収集する調査の手法です。業界に詳しい人から業界内の最新動向や深い情報を取得することができることが大きなメリットですが、デスクトップ調査よりもコストが高くなるというデメリットもあります。

まずはデスクトップ調査では基礎的な情報を収集し、必要に応じてヒアリング調査を行うことが推奨されます。ヒアリング調査はインタビュアーの高い能力や素質も要求されるため、誰にでも実施できることではありません。また、インタビュー相手を探索し、本当に業界に精通している人物を特定し、調査協力のアポイントも取得しなくてはなりません。ヒアリング調査は想像以上にコストが重なります。

主には電話で行う場合と対面で行う場合があります。

消費者向けインタビュー調査

この記事では対象外にしていますが、マーケティング領域では、消費者向けのインタビュー調査も広く行われています。インタビュー調査では、消費者に対して、商品やサービスの購入に関する意見や行動、考え方についてインタビューを通じて情報を取得していく調査のことを言います。

マーケティングリサーチでは数値データを分析する定量調査と、数値以外のインタビュー内容を分析対象とする定性調査があります。

インタビュー調査では、更に「デプスインタビュー」と「グループインタビュー」の2つの手法に分類できます。

デプスインタビューは、消費者一人ひとりに対して、深堀りしてインタビューする形式で消費者のインサイトや深層心理に迫ります。狭く深く聞いていくやり方で新たな発見に出会う可能性が高い手法です。

一方で、グループインタビューは浅く広く聞いていくやり方で、一度に複数の人の意見を聞いていきます。他の人の意見に誘発されて新しい意見が生まれることがありますが、1人への深堀りは難しいという側面もあります。コストと手間を抑え、多人数から効率的に定性情報を取得する時にグループインタビューはより推奨されます。

市場調査を依頼する際は具体的に何を調べるか事前に依頼する側と依頼される側が合意しなければなりません。

市場調査を依頼する手順

市場調査を依頼する手順としては、発注先に市場調査の内容をうまく伝えなければなりません。市場調査の内容が相手に伝わらないと、依頼される側も市場調査を進めることができないためです。

依頼先には以下の点を伝えましょう。

  • 自社の企業概要と事業概要

まずは自社がどのような事業に取り組む企業なのかを伝えましょう。具体的な商品やサービスが説明されているwebページや紹介資料があれば、差し支えない範囲で共有すると良いです。

  • 市場の背景と目的

市場調査の背景と目的も簡潔に伝えたほうがいいでしょう。市場の目的とは、新規事業を展開するかどうかの判断のため、社内でプレゼンテーションをするため、自身の情報収集のため等、市場調査を通じて、何を達成したいかも伝えられるとより良いです。

市場調査の具体的な項目を合意することが依頼のコツ

具体的に自社が欲しい情報項目を契約前にすり合わせることが市場調査を依頼する上で重要なポイントになります。市場調査とは目に見えないサービスのやり取りであるため、具体的に何を調べてほしいのかを依頼する側と依頼される側の両方が認識一致させなければ、市場調査はうまくいきません。明確にしないまま市場調査を進めると、期待はずれの成果物が納品されるリスクがあります。

市場調査の具体的な項目として、調査されることが多いのは以下のような項目です。

  • 市場規模:業界は成長しているのか横ばいなのか。または衰退をしているのか。また、どの市場に自社が参入するかの見極め。例えば、飲食店を開業するにあたってはお好み焼き市場よりも焼き肉市場の規模の方が大きいといった事業参入の判断でも使用されます。
  • 市場の動向やトレンド:業界内の動きや企業の動きに関する項目。数値化できないような業界の動向について主に考察することもあります。例えば、酒類の販売事業において、新型コロナの発生に伴う宅飲み需要の増加というトレンドがあれば、ビジネス上では必ず抑えて置かなければならないトレンドです。
  • 顧客ニーズ:消費者やユーザーのニーズに焦点を当てた調査項目です。消費者のニーズは時代の変化やテクノロジーの発展に伴い、常に変わっていきます。例えば、近年では、忙しい現代人は手軽に調理できるミールキットを求めるニーズが高まっていますし、中食の需要も増えています。新型コロナの発生により、非接触ニーズが高まるとウーバーイーツや出前館といったデリバリーサービスへの需要が高まりました。
  • 競合分析:競合他社を調査する項目です。展開するサービスや商品の比較、料金体系、強みや特徴、販売チャネル等、自社のサービスと比較して、自社の優れる点や弱みを明確にしていきます。
  • 将来の展望:市場環境の変化に関して将来予測を行う調査項目になります。時間軸を未来に置来、根拠を持って予測を行います。例えば、新型コロナの発生に伴い、居酒屋を中心とする飲食店はネガティブな影響を受けましたが、アフターコロナでは居酒屋需要が回復するのか、または生活様式の変化から宅飲みが主流になるのか等、将来予測を行うことは事業展開を策定する上で非常に重要な項目になります。
市場調査サービスは無形商材であるため、サービスに含まれる内容を事前に確認しましょう。

市場調査の納期

市場調査の成果物が納品されるまでの時間ですが、これは調査の内容やボリュームに応じて異なるため、一概には言えませんが、デスクトップ調査によるパワーポイント15枚以内の調査レポートであれば、1週間程度で納品されることが相場でしょう。

市場調査を発注する前に納期は事前に合意しておくことが推奨されます。

市場調査の費用相場

市場調査の費用についても市場調査の内容や深さ、ボリュームに応じて変わってくるため、一概に言うことは難しいです。但し、ビジネスの場面で用いられるデスクトップ調査の市場調査を依頼する場合は数万円程度が相場と考えられます。

単なる情報収集のみの場合はもっと安価であることが考えられますが、市場調査の分析や考察やパワーポイントによる資料作成の工程が含まれる場合は、数万円程度が業界内の相場と考えられるでしょう。

結論

市場調査の依頼方法とマーケティングリサーチを成功させるコツについて解説してきました。

市場調査は業務を担当する個人のスキルに依存することが多いため、発注前に事前に見極めことが重要です。

特に最近では、インターネットの発展により、企業ではなく、個人に市場調査を依頼するできる時代になりました。調査会社に依頼するよりも安価で気軽に依頼できるようになった反面、依頼先の個人に相応しい市場調査のスキルがあるか事前に確認する必要もあります。

自社の事業を把握し、少ないやり取りで依頼内容を理解し、質の高い資料作成を提供してくれる個人のコンサルタントと関係が構築できれば、それだけ仕事も捗ることでしょう。

この機会に是非、市場調査や資料作成を依頼(アウトソーシング)することを検討してみてはいかがでしょうか。

市場調査資料作成.com
市場調査・資料作成の代行サービス

忙しいビジネスマン向けに市場調査と資料作成を代行するサービスを提供しています。現役の経営コンサルタントが代行するため、情報収集や市場調査も含めて、代行可能です。市場調査、プレゼン資料、企画書、事業計画書など、ビジネススキルを要する資料に対応しています。
依頼してみる